★TERA3のラジコン日記☆EVO3
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

F104再始動。
久しぶりにF104走らせてきましたよ!

タミグラ岡山でボロボロの結果を残して以来、ほったらかしでした(笑)


タイヤの感触も忘れたんでひととおり付け変えておおまかにテストしました。
ライトでは前後タミヤBですな!

フロントZENの35°ではリアに何持ってきてもマキマキですし
フロントタミヤAでは大アンダーです。

リアのタミヤA、B、ZEN25°はあまりわかりません。
タミヤAは若干よれてるような?
ZEN25°はスタート直後が不安定?

まったくグリップ剤使ってないんで、グリップ剤使用が前提になればまた違うんでしょうがね〜

Tバーの締め込み具合でどんなふうに挙動が変るか確認しました。
7回転締めたらクイックすぎて6回転だとダルイのでその間に落ち着きました。


フェラーリF60のボディ、残り1個だったので買っておきました。
今年のロータスにカラーリングしたいけど、あまりにもそのままで出来がいいので素直にフェラーリかも。
いまごろ、シェイクダウン
昨日、ようやくF104PROのシェイクダウンをしてきました。
なんと20日ぶりにプロポ持ちましたよ〜
子供が一週間熱出してたんで仕方なかったんですが・・・よく耐えたよ!


さてさて、まずはFRとも標準のAタイヤで噂に聞く、大アンダーを体験しておかなければという事で!

・・・アンダーというよりもステア切ってもまっすぐ走るんですけど。。。

次にフロントだけBに交換→普通に走ります。
もうチョイ曲がってほしいけど握りすぎと言われればそれまで。

続いてリアもBタイヤ、半周くらい巻きが出たけど温まってくると普通。

自分の感触としては
フロントAはスポンジ系
フロントBはブチル系35度〜40度

リアA25度スーパーソフト
リアB35度ミディアム・・・くらいのイメージでした。

で、今の時期ならフロントB、リアAが一番安定してそうなので、ここから色々やってみます。

アッカーマンを前取りしてみると内切れになって曲がりそうなんだけど
アップライトがアームに当たらないように舵角を減らすと結果としてアンダーが強くなってしまいました。

次はフロントゴールドバネ(ミディアム)をシルバー(ソフト)に
Tバーを90度ゆるめて
フリクションプレートに少〜しだけソフトグリスを塗って

そんなこんなしてるうちにクイックになってきましたよ〜(^−^)
・・・
でもよく見るとフロントタイヤの★☆マークがやばくなるほどフロントが削れてます。
(3パックでこれかい!)
車高をはかってみると3mmないし。。。

たぶんセット変更が効いたんでなく前後の車高の差が大きくなって前下がりになったからクイックに曲がるようになったんかな?

そうそうフォーミュラーチューンモーター14500回転しか回りません。
タミグラのリミットが15500なので、あきらかにハズレかな?(いろいろやってもやっぱり14600回転。。。しょぼ〜ん。



3世代
3世代のタミヤF-1を並べてみました(ひま〜


F201とF104のホイールベースは同じだと思い込んでいたのですが、違ってたのね〜
こうしてみるとF201 でかっ
同じスケールとは思えない。

それに比べてF104の細いこと。
メカ類がちいさくなったからできたのかな?


やっぱり、F103の方がかっこいいな〜と思うのは。。。とし?
タミグラから消滅してしまうのは寂しいな。
F104 BAR
 家から出られなかったので
シュータローの昼寝の間に作りました。


ステッカーの粘着力が弱くてあちこち浮いてるし、塗装ミスもちらほら・・・
でも遠目で見れば問題なし(笑)

BAR HONDA006もどき。

ドライバーまでは無理でした。
F104用タイヤ
F104用のタイヤがあちこちから出てきてるみたいですね。
タミヤさんからもBタイヤ出たし

私はしばらくM05とタミチャレ仕様のTA05にかかりきりになるかと思うんですが、
欲しい時になくなってることがよくあるんで

F104用のタイヤをゲトしときました。


リアはZENのスーパーソフト25度
フロントは35度カワダLラバー

103でも感じたことですがリアは固定してフロントでコントロールするのが短時間でセットを決めるのにいいかなと思ってます。
F-1でもミニでも同じ失敗をしてるみたいで
練習日はいい感じになってもレース日の路面に対応できてないです。

練習日は平日になることが多くて、曲がらないんでフロント勝ち気味にセットをすることが多くて
レース日には巻いたり、フロントが沈みすぎてリアが付いてこないみたいな。。。



F104ぼちぼちと。
 ぼちぼち作成中のF104
やっとここまでできた〜
(遅すぎ?)

ちょっと疑問が・・・

アップライトにイモねじ付けるように指示があるんだけど・・・
これするとフロントのストロークがなくなるのでは???
皆さんはどうしてるのかな?
エフワンデー

きのう深夜勤前にライトへ行ったら

6人中5人がF-1やってた〜
最近は月例も4〜5台になってるってのに
好きな人はいるんだな〜


30台くらい倉庫にF-1をお持ちのF1フリーク F本氏の”たいれる”P34

6輪なのに超スムーズに走ってるのには驚いた!!

もういちど盛り上がらないかな〜
WANGANやチャンプのGP2みたいに、もっとスピードを抑えたレギュが面白そうなんだけど。。。。

タミグラの準備

タミグラの当選通知が到着(全員当選ですが)
ミニ-1とF1です。

昨日泊まり明けで今日は休みでしたが、二日とも子守があったので走行できませんでした。
ま〜少しメンテはできました。

F103はモーターのコードがボディに干渉してたので思いっきりマウントを上げておきました。
一番の問題はタイヤですが、この前走らせた感じでは普通に走ったのでフロントのバネを柔らかくしてもう少し曲がる方向にしたいところです。

ミニは前から気になっていたリアのガタを減らすためにサスピンの通る穴に瞬着を流してリーマーで穴をあけ直しました。
昔から知られてる方法ですが、ガタが減ればリアのトゥインがグラグラ変わらずに済みます。
あとはCVAスーパーミニダンパーのメンテと
この前、グリップしてくれなかったSグリの確認。
タイヤの内側から剥がしてインナーを確認してみると・・・なんかへんなインナーが入ってるんですけど(笑)
タイヤ貼るとき酔っ払ってたのかな。。。
ハードスポンジを入れ直して接着しなおしておきました。

両方とも一度は走らせておきたいな〜
でも水曜日まで休みなし。
その水曜日も天気予報では雨っぽいし
ヘタするとこのままぶっつけかも。

あ〜モーター忘れてました。
使いまくったライトチューンしかないんでそろそろ新品にしないと激オソかもしれません。

クセニナルカモ

ここのところマキマキのF-1を走らせるのが楽しくなってきてます。
今回は
AKIRAさんのところで紹介されていたスチールシャフトを試してみました。

カーボンシャフト7g
チタンシャフト16g
スチール28g

これまでチタンを入れてたので12g増量ですな。
う〜ん、確かにフライホイール効果あるんじゃないでしょか。
スロットル入れるのが楽になったように感じました。

今日はど〜せマキマキならグリップ剤使わんど〜
と決心して走らせてますので微妙な変化も感じ取れるみたいです。

次にOリング3個のフロントサスからアソシ0.55mmのスプリングに変更してみました。


走行した感じはOリングとの違いはわかりません。
長さはタミヤと同じですが硬いのでシムをを入れなくてもリバウンドほぼ0です。
良い感じでパタパタとインリフトしてフロントのグリップを逃がしてくれてるみたいです。

試しにTバーを少し締めてみるとたちまちマキだすので、やはりTバーの締め込みはユルユルがいいですね。(後ろ側だけね)

次はタイヤです。
私の基準タイヤは前後TRGミディアムです。
レース時はリアをTRGソフトにしてみましたが変化なしだったので、今度はフロントのグリップを落としてみましょう。
ZENのHIラバーです。

アンダーになって走りやすくなりました。
と、言うか曲がらなくなったのでSTトラベルを55だったのを75まで上げました。

次にリアのスプリングを変更。
これまでは蛍光色のTA03用の青を使ったり、黄色を使ったりしてました。
私の場合はTRFダンパー用は使ってません。
なぜかフィーリングが良くないので。。。

今日はもうひとつ柔らかく蛍光レッドで。
これは昔のF103用のアルミダンパーに標準でついてたものと同じになります。



なぜか、リアが喰います。
あきらかに喰います。
たぶん路面追従性が上がったからだと思います。
心配していたピッチング方向へのだるさは出ませんでした。

グリップ剤なしで走らすのもなかなか
くせになりそうです。
あまりにもマキマキが酷いとストレスも溜まりますが、この程度ならスロットルを入れるときも抜く時もじわっと使えばそこそこ走ってくれます。
リアがコントロールできる範囲で滑りながら、
フロントも握りすぎるとアンダーで吹っ飛んでいくという、微妙さが変態かも(笑)

マキマキまっきー
今年に入ってから2回、月例に参戦しましたがなかなか厳しいっす。

レースの日はなぜか風が強く、一番悪さをしてるのは砂なんでしょうか?
練習日は普通に走ってるんですがね〜

なにがってF-1ですわ。

昨年はモーターが540だったんでフロントのスプリングは金でした。

黒(ハード)と走り比べてみて、こちらのほうがスムーズに旋回できたんでず〜っとこれでした。
写真ピンボケですがわかります?
アップライトとアーム下側に隙間が1mmあるんですわ。
これリバウンドです。

で改良版

バネの下に1mmワッシャーを入れてリバウンド0にしてみたら、切り返しでグニャ〜ってのがなくなりえらい走りやすくなりました。
ちなみにワッシャーをアームの上に入れると1mm車高が下がります。

昨年はこれが調子よく、そのまま1月の月例に出たんですがマキマキまっき〜
原因は前述の砂やらトルクのあるモーター(HPI30ターン)に変わったことやら色々あるんでしょうが、2月はちょっと対策を試みました。

まず第1ヒートは
スプリングを黒+スペーサー0.5mmに
リアタイヤ55mmピニオン31枚です。(バッテリー、アトランタ3700)

第2ヒートはさらに・・・

0リング3個です。(いわゆるフロントノーサスです)
Tバーの締め込みはユルユルです。
何を狙ったかというと


コーナリング時にインリフトさせてフロントのグリップを逃がしてみたかったんです。
練習日にはもちろんテストして好感触を得ていました。
(第2ヒートではピニオンも33枚にして立ち上がりをマイルドにしました)

決勝ではさらに

カワダのハイトラクションTバーがいい感触だったんで昨年から使ってたんですが、
タミヤのソフトTバーに交換しました。
カワダは厚さ1.8mmと書いてありますが計ってみると1.6mmくらいのナチュラルFRPです。
タミヤのソフトは1.3mmなんで路面が悪ければこちらの方が当然いいはず。
バッテリーのパワーがありすぎるので07年物のヨコモ4200にしてピニオン31枚に戻しました。(リアタイヤ径54mm)

結局、レース日にいい感じで走れたのは決勝の後半数周だけ。
グリップ剤が切れかけて良い走りができたってことは・・・砂を拾わなくなったから??

パーマンさん曰く、「やっぱりフロントは〇〇〇やで〜」
フロントタイヤ変える方が早いかな(笑)

いやいや、やっぱパーマンさんの腕なら何でも速く走らせてしまうので、このままで試行錯誤するのもいい勉強になるかも。