★TERA3のラジコン日記☆EVO3
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< これは買いでしょう! | main | スプール買っちゃった。 >>
クセニナルカモ

ここのところマキマキのF-1を走らせるのが楽しくなってきてます。
今回は
AKIRAさんのところで紹介されていたスチールシャフトを試してみました。

カーボンシャフト7g
チタンシャフト16g
スチール28g

これまでチタンを入れてたので12g増量ですな。
う〜ん、確かにフライホイール効果あるんじゃないでしょか。
スロットル入れるのが楽になったように感じました。

今日はど〜せマキマキならグリップ剤使わんど〜
と決心して走らせてますので微妙な変化も感じ取れるみたいです。

次にOリング3個のフロントサスからアソシ0.55mmのスプリングに変更してみました。


走行した感じはOリングとの違いはわかりません。
長さはタミヤと同じですが硬いのでシムをを入れなくてもリバウンドほぼ0です。
良い感じでパタパタとインリフトしてフロントのグリップを逃がしてくれてるみたいです。

試しにTバーを少し締めてみるとたちまちマキだすので、やはりTバーの締め込みはユルユルがいいですね。(後ろ側だけね)

次はタイヤです。
私の基準タイヤは前後TRGミディアムです。
レース時はリアをTRGソフトにしてみましたが変化なしだったので、今度はフロントのグリップを落としてみましょう。
ZENのHIラバーです。

アンダーになって走りやすくなりました。
と、言うか曲がらなくなったのでSTトラベルを55だったのを75まで上げました。

次にリアのスプリングを変更。
これまでは蛍光色のTA03用の青を使ったり、黄色を使ったりしてました。
私の場合はTRFダンパー用は使ってません。
なぜかフィーリングが良くないので。。。

今日はもうひとつ柔らかく蛍光レッドで。
これは昔のF103用のアルミダンパーに標準でついてたものと同じになります。



なぜか、リアが喰います。
あきらかに喰います。
たぶん路面追従性が上がったからだと思います。
心配していたピッチング方向へのだるさは出ませんでした。

グリップ剤なしで走らすのもなかなか
くせになりそうです。
あまりにもマキマキが酷いとストレスも溜まりますが、この程度ならスロットルを入れるときも抜く時もじわっと使えばそこそこ走ってくれます。
リアがコントロールできる範囲で滑りながら、
フロントも握りすぎるとアンダーで吹っ飛んでいくという、微妙さが変態かも(笑)

スポンサーサイト
どもです。
いろいろF1試してますねえ。私とはセットが逆方向なようなんですがそれでもリアが喰うというのはウラヤマしい限りです。私のはフロント柔らかめ(アソシ0.45)でリアダンパー青バネ、Tバーは3Rのカーボン、シャフトはチタンです。タイヤはいっしょ。なんでこんなに違うのか??。DDは摩訶不思議ですね。
ところで今度ミニのセット見せてくださいな。
masa | 2009/02/18 5:19 PM
>masaさん
F-1、レースで不甲斐ないんで、いろいろやってますが・・・レース日はまた違ってくるんですよね。。。
夏から秋は僕も全然違うセットだったんですよ。
タミヤの金バネにリアは青か黄ばね、Tバーはカワダでシャフトはチタンでした。
 masaさんもM03R、買っちゃったんですね〜
僕のセットはやや古いですよ。
ミニを始めた2年くらい前のセットに先祖がえりしてます。。。いまいちですし。
TERA3 | 2009/02/19 12:24 PM
いろいろ試していますね。
そうか、チタンと鉄も随分違うんですね、重さが。これなら走りにも違いが出ますね。

リアのセットの違いは、ライトに行ったときに色々と試してみようかと思っています。goodyだとグリップがいいので、逆にOリングの部分を少し締め込んだりしていますからね。屋外における刻印タイヤセットが出ないっす。(笑

大分、テンションあがってきましたね。良かった良かった。(`∀´)ノ
AKIRA | 2009/02/19 12:32 PM
AKIRAさん、シャフトは鉄で決まりですね。
良い情報をど〜も有難うございました。
Tバーですが、車高は前と後ろで並行になるように気をつけました。
あと月例だとタイヤの組み合わせが自由なんで
基準タイヤででの動きを確認してから
タミヤM、ZEN25
TRG M、タミヤブチルSなんかを試してみようと思います。
TERA3 | 2009/02/19 12:59 PM
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK